肌が薄い人ほど出やすい
  • HOME
  • 肌が薄い人ほど出やすい

肌が薄い人ほど出やすい

標準的なスキンケアをしていても、シワのできやすい体質というのがあります。

肌が薄い人ほど出やすいです。

同年代よりシワが多いと感じたらいま一度、ご自身の肌と向きあってみてください。

手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は気をつけるべきです。

普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、たるみが出るとシワに直結する傾向があります。

以前は大丈夫だったとしても、肌の厚みは年々薄くなっていくので、いまの自分の肌に何が必要かを意識しておくのがいいでしょう。

早いうちに適切なケアをするのが肝心です。

保湿ケアが行き届いていて、肌に潤いがあれば、シミもできにくい肌になります。

水分が逃げない、うるおいのあるお肌は肌の水分と油分のバランスが整っているので、きめの整った、なめらかな肌になっているのです。

しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線で肌全体がダメージを受けるのを抑えているので、乾燥している肌に比べてシミもできにくくなります。

お肌が乾燥しないよう、シミ予防のためにも、気をつけなければなりません。

最近、肌にとても年齢を感じるようになりました。

笑っていないときでも目尻にシワができていて、老けてみえるので、すごく気になります。

そのあたりのお手入れは、忙しくても時間をとるようにしていて、季節によっても変えたりしています。

乾燥肌なので、目周りはしつこいくらいクリームを塗って、重点的に潤いを与えるケアを欠かさないようにしています。

これでも万全でなかったとは。

しわ、しみ、そばかすは肌を老けさせて見えるので、なんとか最小限にとどめておきたいものです。

肌年齢を進行させるのは、加齢による保湿機能の劣化を除けば、紫外線によるものがほとんどです。

原因を徹底的に排除すると良いでしょう。

たとえば日焼けどめを塗った上、日傘や帽子などのアイテムを使って紫外線が弱い時期にも対策を怠らないこと、やむを得ず日焼けしてしまったときでも、なるべく早く肌を冷やして保湿効果が高い美容液やクリームなどでたっぷりと潤いを与え、シミ・そばかす・シワの要因を残さないようにケアしましょう。

結果的に肌の劣化スピードを遅くし、いきいきとした素肌でいられるようになります。

肌はなめらかで均一な構造に見えますが、実は繊細な作りです。

擦ったり引っ掻いたりを繰り返すと肌が薄くなります。

刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。

表皮の下には真皮があり、皮脂腺や汗腺は真皮に存在していますが、必要なケアを怠っていると、いずれは真皮のタンパク質の構造に強く影響が表れるようになります。

表皮と真皮の機能が破綻すると、お肌のリフティング性能が落ちるので回復できなかった皮膚の緩みがシワになるため、一応のプロセスは踏んでいるものの、本人からしてみると「いきなり老けた」気がするのです。

肌というものは年齢を表す鏡のようなものです。

目の下に出てくるクマなども加齢によるものと言えますが、加齢の兆候には誰もが憂鬱を感じているのです。

肌のバリア機能は年々低下し、回復力がなくなるので、一度シワができると、元に戻すのには苦労します。

比較的皮膚の薄い目元、額、首などの肌の劣化には悩んでいる人も多いようです。

肌の老化によってできてしまったシミやそばかすをわずかでも薄くできたらと思って、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を利用しています。

朝晩の洗顔の後で、この美容液を指先に少し広げて、そばかす、シミが出来てしまったところに、軽くトントンとパッティングしながらなじませていくのです。

使い続けて約一ヶ月くらいで、シミとそばかすが、少しずつ薄くなってきたと実感したため、とても嬉しいです。

シミをコンシーラーでどうにか隠そうとしたところ、むしろ、シミが際立ってしまったことはありませんか?ファンデーションを選択するときは、本来のお肌の色より明るめの色をセレクトする人がよくいますがシミを見せないためにコンシーラーを買うのであれば、肌より明るめのカラーをセレクトするとシミがなおさら際立つことになります。

シミを隠すためにコンシーラーを選ぶ時は、red b.a polaなど肌よりちょっと暗い色を購入してください。

Copyright (C) 2014 江住の遥か彼方の希望 All Rights Reserved.

Page Top