江住の遥か彼方の希望
  • HOME

多少の改善は期待できます

肌のシミは、セルフケアによっても多少の改善は期待できます。

ただ、すっかりキレイにするというのは非常に大変でしょう。

ですが、あきらめる必要はありません。

美容専門のクリニックにかかれば奇麗に消すことが出来ます。

どうしても気になっているシミがあれば、専門医に相談してみることをオススメします。

クリニックによっては、カウンセリングを無料で受け付けている事もあります。

かつて一世を風靡したガングロがここにきて二度目の流行の気配です。

数あるスタイルの一つとしてなじんできたのかもしれませんが、懸念されるのはお肌のシミです。

それぞれ違いがあるとは思いますが、ある程度ガングロを続けてからガングロを卒業した場合、ケアしていた人よりも多くのシミが現れている傾向にあります。

例えば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミはその人の肌の性質によって違います。

要するに、シミに出やすいタイプの肌というものが存在しているのです。

具体的に申しますと、きめの細かい白い肌を指します。

見分けるコツとしては、日焼けした時に黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。

美肌はとってもデリケートに出来ています。

仕事と生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、鏡をのぞいて自分の肌の汚さに大変驚いてしまいました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか突きつけられた気がしました。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、自分の肌を保護しよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓では、血液を通して体内でできた物質を代謝・分解することにより有害な物質を解毒する役割を果たしています。

肝臓の働きが阻害されると、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。

肌に悪影響を及ぼすのです。

日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康美を高めるために欠かせない要素です。

皮膚にシワができる原因というのは色々あるのですが、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。

肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、シワはこうやって増えていくわけです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており乾燥の影響を受けやすくなっており、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。

それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分がどんどん減っていく一方となるため、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

その主な症状の一つであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが明らかになっています。

それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるでしょう。

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロほど体重を減らすことができました。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

このことと、ダイエットが何か関係があるとは思っていませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、アヤナスのトライアルセットでスキンケアをじゅうぶんに行いながら、少し様子見です。

肌が薄い人ほど出やすい

標準的なスキンケアをしていても、シワのできやすい体質というのがあります。

肌が薄い人ほど出やすいです。

同年代よりシワが多いと感じたらいま一度、ご自身の肌と向きあってみてください。

手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は気をつけるべきです。

普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、たるみが出るとシワに直結する傾向があります。

以前は大丈夫だったとしても、肌の厚みは年々薄くなっていくので、いまの自分の肌に何が必要かを意識しておくのがいいでしょう。

早いうちに適切なケアをするのが肝心です。

保湿ケアが行き届いていて、肌に潤いがあれば、シミもできにくい肌になります。

水分が逃げない、うるおいのあるお肌は肌の水分と油分のバランスが整っているので、きめの整った、なめらかな肌になっているのです。

しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線で肌全体がダメージを受けるのを抑えているので、乾燥している肌に比べてシミもできにくくなります。

お肌が乾燥しないよう、シミ予防のためにも、気をつけなければなりません。

最近、肌にとても年齢を感じるようになりました。

笑っていないときでも目尻にシワができていて、老けてみえるので、すごく気になります。

そのあたりのお手入れは、忙しくても時間をとるようにしていて、季節によっても変えたりしています。

乾燥肌なので、目周りはしつこいくらいクリームを塗って、重点的に潤いを与えるケアを欠かさないようにしています。

これでも万全でなかったとは。

しわ、しみ、そばかすは肌を老けさせて見えるので、なんとか最小限にとどめておきたいものです。

肌年齢を進行させるのは、加齢による保湿機能の劣化を除けば、紫外線によるものがほとんどです。

原因を徹底的に排除すると良いでしょう。

たとえば日焼けどめを塗った上、日傘や帽子などのアイテムを使って紫外線が弱い時期にも対策を怠らないこと、やむを得ず日焼けしてしまったときでも、なるべく早く肌を冷やして保湿効果が高い美容液やクリームなどでたっぷりと潤いを与え、シミ・そばかす・シワの要因を残さないようにケアしましょう。

結果的に肌の劣化スピードを遅くし、いきいきとした素肌でいられるようになります。

肌はなめらかで均一な構造に見えますが、実は繊細な作りです。

擦ったり引っ掻いたりを繰り返すと肌が薄くなります。

刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。

表皮の下には真皮があり、皮脂腺や汗腺は真皮に存在していますが、必要なケアを怠っていると、いずれは真皮のタンパク質の構造に強く影響が表れるようになります。

表皮と真皮の機能が破綻すると、お肌のリフティング性能が落ちるので回復できなかった皮膚の緩みがシワになるため、一応のプロセスは踏んでいるものの、本人からしてみると「いきなり老けた」気がするのです。

肌というものは年齢を表す鏡のようなものです。

目の下に出てくるクマなども加齢によるものと言えますが、加齢の兆候には誰もが憂鬱を感じているのです。

肌のバリア機能は年々低下し、回復力がなくなるので、一度シワができると、元に戻すのには苦労します。

比較的皮膚の薄い目元、額、首などの肌の劣化には悩んでいる人も多いようです。

肌の老化によってできてしまったシミやそばかすをわずかでも薄くできたらと思って、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を利用しています。

朝晩の洗顔の後で、この美容液を指先に少し広げて、そばかす、シミが出来てしまったところに、軽くトントンとパッティングしながらなじませていくのです。

使い続けて約一ヶ月くらいで、シミとそばかすが、少しずつ薄くなってきたと実感したため、とても嬉しいです。

シミをコンシーラーでどうにか隠そうとしたところ、むしろ、シミが際立ってしまったことはありませんか?ファンデーションを選択するときは、本来のお肌の色より明るめの色をセレクトする人がよくいますがシミを見せないためにコンシーラーを買うのであれば、肌より明るめのカラーをセレクトするとシミがなおさら際立つことになります。

シミを隠すためにコンシーラーを選ぶ時は、red b.a polaなど肌よりちょっと暗い色を購入してください。

電車に乗ってて

気にし過ぎなんだろうけど、電車に乗ってて、たまに男の人が(気持ち)こっち向いてくるの、気になるなぁ…。

女の子がこっちを向いても気になるんだけど(笑)

女の子がこっちを向いても気になるぐらいだから、男の人がこっちを向き気味だと、そりゃ気になるよね。

痴漢ではもちろんないんだけど。

別にどうでもいいか。

転職いっぱいしてるから、いろんな電車に乗ってるんだけど、朝の電車はどの線もそれぞれ雰囲気が違って、面白いと思う。

「こんなに雰囲気違うか?」ぐらい違う。

何がどうとかはうまく言えないんだけれど。

のんびりしてる感じのもあれば、なんか窮屈な感じのもある。

ただ単に、私が鈍行使ったりしてるからか。

今気づいた。

さすがにこれだけ「痴漢犯罪!!」っていう世の中になると、だいたい男の人の方でも防御してきて、両手で吊革つかむ…とかしてる人もいるのに、なんとなく雰囲気で「あ、この人、なんかなんか」と思うときがある。

自意識過剰かもしれないけれど。

気持ちとして、オッサンがオッサンの方を向きたくないとかわからなくもないけれど。

一人だけ変な向きで電車に乗ってる人とかイラッとする。

「お前の腕が私の体に当たるんじゃ!!」みたいなのがこの前いた。

確信犯的なのかな?というのもいれば、たまに「ただただ単純に、自分が楽したいだけで体の向きを変えて壁に背中を預けてる」人もいて、でもさ、「あなた一人が向き変えてるおかげで、隣に立つ人が立ちづらいんだけど!!」などと思ってイラッとしたりする。

イライラし過ぎですね。

美容室へ行く時は、毎回緊張してしまいます。

近々、美容室へ行くのですが、そのことでちょっとだけ緊張しております。

そこの美容室は初めてで、ちょっとおしゃれな美容室です。

新しい美容室へ行く前には、口コミなどや店内の雰囲気を確認してから伺います。

口コミが良かったことも、今回そこに決めた理由なのですが、その他に、メニューにヘッドスパなどが多いですので、幾分、年配の女性の方をターゲットにした美容室なのかなと思いました。

美容室は、どこへ行っても緊張しますので、なかなか苦手です。

ですので今回(も)、滞在時間を短くするために、カットだけにしてもらいました。

白髪染めを本当はして欲しいのですが、そうなると時間が2時間超えますので、そこまでは大変で、難しいです。

ですので、白髪染めは白髪染めで、また次回伺おうと思います。

実は、今回の美容室は、小さな規模で経営されていた時から、見たりしていました。

利用する地下鉄へ行く途中にあったので、見かけており、知ってはいたのです。

そして、その小規模の美容室から、大きな規模の美容室へ変わっていったので、良いところなのかなと思い、不安ながらも、少しだけ期待している部分もあります。

実際に行ってみないと、この不安は消えないと思いますが、これらのことから、良いところだとは思いますので、なるべく心配し過ぎないようにしたいと思っております。

特に、こうして欲しいああして欲しいなど、具体的な要望はなく、だた長くなった髪の毛をカットしてもらいたいだけですので、大丈夫かなと思っております。

それでも、なぜだか美容室は緊張してしまいます。大丈夫かな。。。

Copyright (C) 2014 江住の遥か彼方の希望 All Rights Reserved.

Page Top